我が家で初めて車の運転免許を取ったのが兄でした。最初の車、日産の中古車を買いました。今でも鮮明に覚えています。

みんなの思い出 初めて乗った車について
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの思い出 初めて乗った車について

家にやって来た初めての車が日産パルサーという中古車でした。

兄が18才になり、すぐに車の運転免許を取りに行きました。
父は免許を持っておらず、我が家に車はありませんでした。
我が家にとって、初めての免許と、初めてのマイカーです。

早速、どんな車が良いか、家族で相談しました。
その頃は、燃費やガソリン代、軽やワゴン等、何もわからず、とにかく家族、皆ワクワクしていました。
ほとんど車の知識が無く、どんな車がいいのか結論がでないままでした。
結局、車屋さんに行って、そこで決める事になりました。
その日、私は用事があり、父と兄の2人で行きました。
ただ、色だけ希望しておきました。
真っ赤な車がいい。と自己アピールをしておきました。
昔、スーパーカーが流行っていた時に、真っ赤な車に憧れていました。
それだけなんですが、一応、私の希望でした。
そして、その日の夕方に、1台の中古車がやって来ました。
その車が、日産の真っ赤なパルサーという車でした。

兄が運転して帰って来ましたが、まさか、本当に真っ赤な車とは思いませんでした。
その真っ赤な車を、今でも鮮明に覚えています。
初めて我が家にやって来た車が、中古車ですが、日産のパルサーという名前の車でした。
なぜ、その車にしたのか、理由は覚えてませんが、それからは、我が家の移動の手段になりました。
今までは、車がありませんでしたので、移動の手段は、電車しかありませんでした。
今となっては当たり前の様に車に乗っていますが、当時は車に乗れる、車で外出できる、という事が、すごく贅沢で、すごくカッコイイ事の一つでした。
我が家に車が来てから、家族での外出が増えた様に思いました。
単なる移動の手段だけでなく、家族を一つにしてくれた様に思います。
それまでは、電車の移動でしたので、家族全員でなく、誰かいなかった様に思います。
しかし、車で外出となると、特に電車賃は必要ありませんし、車の横か後ろに乗車するだけで、目的地に到着します。
楽です。

運転する兄には申し訳ないですが、しかし、車がある事によって、家族で行動する事が多くなりました。
我が家に来た、日産の1台の中古車に、ありがとう。と言いたいです。

注目情報

Copyright (C)2018みんなの思い出 初めて乗った車について.All rights reserved.